葬式

感謝の気持ちとお葬式と準備すること
仕事をリタイアし、もう若くないなと感じたら、自分のお葬式について考えてみるのもよいかもしれません。<
希望通りのお葬式と会員登録すること
自分が亡くなった後、悲しみの多い葬儀より楽しい葬儀を行ってほしいと考える方もいらっしゃるのではないで
お葬式の費用を安く済ませる方法
お葬式には高額な費用がかかってしまうのが一般的であるため、できるだけ安く抑えたいと考える人も多いでし

最新の遺族や親族の弔事の服装に変化がでている

画像
遺族や親族は弔事では正式礼装を着用することが基本でしたが、近年は男性の場合には略礼装のブラックスーツで、女性の場合には通夜には洋装の正式礼装、葬儀や告別式には和装の正式礼装にしたり、葬儀や告別式も洋装にする人も増えています。
男性の場合には白無地のシャツでネクタイは黒無地にし、スーツはシングルまたはダブルのブラックスーツ着用します。
派手なアクセサリーや時計は避け、カフスボタンを付けるときには黒石にし、ネクタイピンはNGです。
裾はシングルが良く靴下は黒無地、靴は光沢がないシンプルなものを選びます。
女性は洋装の場合には、まとめ髪にして髪飾りはなるべく避け、つける場合には黒のリボンかバレッタにします。
正式礼装の場合には結婚指輪以外のアクセサリーはNGです。
メイクはシンプルにマニキュアはNGで上着は長袖にしスカートの丈は長めにし、ストッキングは黒にし柄やラメが入っているものやタイツは避けます。
靴やバッグは正式は黒の布製ですが、光沢のない革製品や金属や飾りがないものでも可能です。
シンプルデザインのパンプスでヒールは3〜5cm程度のものを履きます。
和装の場合には、アクセサリーは結婚指輪以外はNGで時計も外します。
バッグや草履は布製を着用し、季節に合った素材の着物を着用します。
半襟や足袋、じゅばんは白を着用し、帯や帯締め、帯揚げや草履、バッグなど小物類は黒にし、帯は袋帯は地紋が合っても大丈夫です。

妊婦さんと赤ちゃんの最新情報サイト

最新の

画像

関連情報

Menu

更新情報

事業内容

画像
お葬式は、大切な人を お世話になった身内や仲間で送り出す、大事な儀式です。
お坊さんのお経で始